「株式会社第一精工舎 大阪テクニカルセンター」様

ご依頼内容 ●    パネルサイン

施工地   ● 大阪市都島区東野田町1-1-7

施工日   ● 2021-11-10

独自の工法(FBI工法:オリジナルの製造システムであるフリーブレンド工法)でプラスチック製品の製造をリードする「株式会社第一精工舎」様がテクニカルセンターを大阪、都島で開設されるということで看板の依頼が。
意匠は支給で製作、施工をプラスにて。
技術・商品開発部門のみならず生産技術、品質保証、購買までを含めた「モノづくり」の総合的な拠点のみならず制限の枠を外して誰も手を出さなかった領域にこそ大切なことがあるを発展させるテクニカルセンターをイメージした意匠がかなりインパクトがあり印象的にパネルサインになっております。

 

パネルサイン アルミ複合板 インクジェット出力 UVラミ
パネルサイン アルミ複合板 インクジェット出力 UVラミ
パネルサイン アルミ複合板 インクジェット出力 UVラミ
パネルサイン アルミ複合板 インクジェット出力 UVラミ
パネルサイン アルミ複合板 インクジェット出力 UVラミ

「かねこ歯科クリニック」様

ご依頼内容 ●    SUS箱文字、壁面看板

施工地   ● 大阪府吹田市高野台3-1-1

施工日   ● 2021-11-8

大阪、吹田にて歯科医院を開設されるということで弊社に看板の依頼が。
此の地域「北摂ブランド」として高級住宅地を形成していることもありシックで高級感のある意匠を提案させていただきました。
クリニック名称にはSUSの箱文字を使用し、表面を指定色で塗装。
背面にはLEDモジュールを仕込み、文字の背面が発光し、壁に反射され柔らかい光が、ロゴやマークを立体的に浮かび上がらせるいます。間接照明のような高級感をあたえることが可能です。地域のイメージに合わせた落ち着いた大人の雰囲気になっています。
ちなみに内覧会には、400人以上の方がご来院されたようです。
地域の期待感の大きさにびっくりしますよね。

 

SUS塗装BOX  乳半アクリル裏あて仕様 LEDモジュール背面発光
壁面看板 アルミ枠組、アルミ複合板3t、インクジェット出力、UVラミ

 

 

「まーじゃんレッツ」様

ご依頼内容 ●    パネルサイン  ガラスサイン 

施工地   ● 東大阪市足代1-11-8 フセフラワービル2階D号室

施工日   ● 2021-11-6

大阪、近鉄布施駅から歩いてすぐのところに「まーじゃんレッツ」様が新規オープンされるという事で看板の依頼が。
今回、意匠は支給されサイン 用にデータ調整し製作、施工させていただきました。

看板デザイン作成について少しお話を。
看板デザインの作成には主にAdobe Illustratorを使用します。よく画像だけでだきないかとのお申し出がありますが、看板は大きなサイズで印刷されるので、画像データではなくベクターデータで作成するのが一般的です。
画像を使用される場合、実寸サイズで解像度100~150dpi以上が望ましいです。
カラーモードはCMYKで。RGB入稿するとくすんだ色になってしまいますから。
サイズは実寸が望ましいですが、大きい場合縮小可能です。
次回にはもう少し細かい点をお話しさせていただきます。

余談ですがこの「まーじゃんレッツ」様は『歌舞伎町ルール』だそうです。
着順を意識した手組みを要求されるなど場の状況に合わせて与えられた手牌をどう組み立ていくかの構想力が問われるとても面白いルールですよね。
あっ、『歌舞伎町ルール』がわからない方は是非ご来店されて確かめてくださいね。

パネルサイン アルミ複合板3t、インクジェット出力、UVラミ                         ガラスサイン インクジェット出力、UVラミ
パネルサイン アルミ複合板3t、インクジェット出力、UVラミ  
パネルサイン アルミ複合板3t、インクジェット出力、UVラミ                         ガラスサイン インクジェット出力、UVラミ
パネルサイン アルミ複合板3t、インクジェット出力、UVラミ

 

「株式会社ROLE」様

ご依頼内容 ●    切り文字

施工地   ● 大阪府柏原市国分西2-7-30

施工日   ● 2021-11-6

「株式会社ROLE」様より近鉄大阪線河内国分駅より徒歩9分にあるマンション名変更によるサイン施工の依頼が。

デザイナーズ感が溢れるワンルームという事でオシャレさを強調した切り文字を壁面に施工させていただきました。

ここで切り文字とはの説明を少し。
切文字は素材を形のとおりに切り抜いたもの。金属板・アクリル板・アルミ複合板・カルプボード・カッティングシートなどがあります。素材そのものが切文字の厚みになります。
よく勘違いされるのが箱文字。
その違いは厚みといっていいでしょう。
金属が主な素材。 板を切ってつなげたり、曲げて立体にしています。 薄い板を曲げることで中が空洞になり、その分が厚みになります。
今回は切り文字をボルト出しで施工させていただきました。

 

切り文字 sus塗装、ボルト出し

 

「個別指導塾スクールIE鳥飼校」様

ご依頼内容 ●    壁面電飾看板

施工地   ● 大阪符摂津市鳥飼本町5-16-37

施工日   ● 2021-11-4

 

曜日や時間帯、教科や回数を自由に選べ、「習い事や部活と両立したい」「苦手な教科だけ受講したい」「受験対策に集中したい」など、部活動や学校行事で忙しいお子さまも、ムリのなく勉強できるのが特長の「個別指導塾スクールIE鳥飼校」様より経年劣化した壁面看板の板面交換の依頼が。
板面が13m強と長尺。これほどになるとオンメン(オスメス)の継ぎ加工が必要になります。この5mmのアクリル乳半に電飾用インクジェットシートを貼り、UV仕様のラミネートを施しました。
今回の施工では、なるべく短いアクリルを使用し重量対策をさせていただきました。

電飾壁面看板 アクリル乳半 電飾インクジェット出力 UVラミ

「お好み焼き 明後日」様

ご依頼内容 ●    テントスポットライト、パネルサイン

施工地   ● 大阪府守口市日光町5-1

施工日   ● 2021-11-1

 

大阪、守口で2018年にオープンし、焼そばは生麺を使ったりと素材にもこだわっている「お好み焼き 明後日(あさって)」様よりテントスポットライトと店頭パネルサインの依頼が。
ショップカラーの紺色のベースにロゴタイプの「明後日」を白抜きすることで上品なイメージに仕上がっているのではないでしょうか。

紺色は、昔から藍染で使われてきた色。日本人にとって馴染みのある色。知性的で洗練された印象の上品な雰囲気を持ちます。また五感のなかで味覚と関係が深いのが青系と言われています。青空の下の開放感や落ち着いたリラックスできる空間で味わう食事は格別。生命の源である海も連想できる青系色のある空間は食を大いに楽しませてくれます。

〇テントスポットライト 取付金物含む
イワサキ製 KO/W K型アイランプ
〇パネルサイン w2664xh940
アルミ複合板3t、インクジェット出力、UVラミ

「麻雀ラキラビ」様

ご依頼内容 ●    各種サイン 

施工地   ● 大阪市西区立売堀1-6-15 日宝四ツ橋中央ビル2階

施工日   ● 2021-10-30

大阪、本町駅から少し歩いたところにある健康雀荘でおなじみの「ラキラビ」様より看板一心の依頼が。
今までのオヤジさんたちが集まって煙草モクモク、お酒グビグビの不健康なイメージはどこにもなく、ゲームいや頭脳スポーツとしての麻雀を意識した意匠で若者たちに大きくアピールしたサインになりました。
このラキラビさまの特長はお金を賭けない、タバコを吸わない、お酒を飲まない頭脳スポーツとしての麻雀を楽しんで頂ける場所で麻雀に興味があるけど、まだゲーム進行が不安という方は見学だけでも大歓迎だそうです。
しかしこのラキラビとういうネーミングはどこからきたんでしょうね。

ステップサイン インクジェット出力 UVラミ
アルミ製 LEDモジュール アクリル乳半 インクジェット出力 UVラ
パネルサイン アルミ複合板 インクジェット出力 UVラミ
パネルサイン アルミ複合板 インクジェット出力 UVラミ
ガラスサイン  インクジェット出力 UVラミ

 

「堀ふとん店」様

ご依頼内容 ●    パネルサイン、テント

施工地   ● 大阪市生野区巽中3-20ー16

施工日   ● 2021-10-25

 

大阪、生野区で永年ふとん店を営まれている「堀ふとん店)様より経年劣化した店頭パネルサインとテントの新設依頼が。

テントやパネルにも使われている暖色のオレンジはレッドとイエローの中間に位置する色。レッドとイエローのイメージの良い所だけを取ってきた色の中でのビタミン的な役割を持ち、まわりにはいつも人が集まってきます。
また明るく元気なエネルギーを持ち、前向きな気持ちにさせてくれる色なんです。
暖かさをイメージすることもあり「堀ふとん店」様の店舗スローガンであるENJOY SLEEPにピッタリとしたカラーではないでしょうか。

パネルもテントも遠方からの視認効果も非常に高く歩行者や内環状線上の車両からの注目度は高いと思われます。

施工前
パネル アルミ複合板 インクジェット出力 UVラミ             テント カッティングシート
パネル アルミ複合板 インクジェット出力 UVラミ             テント カッティングシート
パネル アルミ複合板 インクジェット出力 UVラミ             テント カッティングシート
テント カッティングシート

「まちのナニコレ?図鑑」掲載

街で見るモノの名称と働きを紹介する図鑑である小学館発行の「まちのナニコレ?図鑑」に大阪、堺市でインテリア専門店をされている株式会社キャンドール様の弊社施工のテントが紹介されました。

この「まちのナニコレ?図鑑」は「電柱の上にある大きな箱(トランス)、理髪店のグルグル回る看板(サインポール)など、「全国のどの街にもあるモノ」をテーマにして、その名称と働きを紹介する図鑑です。また、駅舎、自販機、マンホールなど、よく知っているモノでも全国には様々なバリエーションがあることを紹介します。生活科「まちたんけん」や社会科「わたしたちのまち」の調べ学習用、自由研究用としても最適。」とのこと。

こういう本に紹介されることは、関係各位並びに「株式会社キャンドール」のお陰様だと非常に感謝しております。


「Bar Kan_sha」様

ご依頼内容 ●    パネルサイン 、突き出し看板

施工地   ● 大阪市北区曽根崎2丁目7-11 第一梅新会館3F

施工日   ● 2021-10-21

 

大阪、曽根崎でBarをされている「Bar Kan_sha」様より入り口のパネルサイン と突出し看板の依頼が。
ビルの三階にあるため店頭看板にも文言入れ誘導を図るギミックを施してはいますが、派手さを抑えシックを全面に出しのが逆にさりげないアイキャッチになったようです。
派手な看板より効果性高くなった良い例ではないでしょうか。

パネルサイン アルミ複合板3t、インクジェット出力、UVラミ
パネルサイン アルミ複合板3t、インクジェット出力、UVラミ
突き出し看板 インクジェット出力、UVラミ