「香寿庵」様

ご依頼内容 ● 自立看板、LED寸丸球交換

施工地   ● 大阪狭山市茱萸木2-428-1

施工日   ● 2021-1-21

大阪市内で蕎麦の風味が口いっぱいに広がるこだわりの十割蕎麦が名物の
蕎麦通が集まるお店で有名な「香寿庵」様より
狭山にロードサイドの新店オープンされるということで弊社に自立看板の依頼が。
自立看板は内照式ではなく看板周りに丸球がついたもの。
この丸球もLEDに変更させていただきました。
この丸球とは小形、低ワットで常夜灯など長時間点灯が必要な場所に適したもの。
ミニボールとも称されています。

自立サイン インクジェット出力 UVラミ LED寸丸球
自立サイン インクジェット出力 UVラミ LED寸丸球

「株式会社アカセ木工 大阪支店」様

ご依頼内容 ● 壁面看板、LEDスポットライト

施工地   ● 大阪府門真市三ツ島4-24-7

施工日   ● 2021-1-19

 

「株式会社アカセ木工 大阪支店」様よりMASTERWALの家具を運ぶサービスエリアを、関西エリアにも拡大し受付をMASTERWAL LOGISTICS様としてスタートされるということで弊社に看板の依頼が。
意匠は支給で弊社は製作、施工をさせていただきました。

ちなみにMASTERWAL / マスターウォールはアカセ木工様が2006年に立ち上げたウォールナット無垢材の家具ブランド。
MASTERWALは「ウォールナットを極める」という素材を尊重し追求する思いから名付けられたそうです。
木のプロフェッショナルによるハンドワークで丁寧に仕上げられた品質の高い家具を作り続けられています。

庇上看板 木枠組、アルミ複合板3t、インクジェット出力、UVラミ
入口横 アルミ複合板3t、インクジェット出力、UVラミ
入口 ステンレス平板、インクジェット

 

 

「京橋東商店街」様

ご依頼内容 ● 商店街通路飾り付け

施工地   ● 大阪市都島区東野田町3丁目5−12(協同組合)

施工日   ● 2021-1-16

 

JR,京阪の京橋駅を降りて東に行くと、流れてくるのはあの「京橋は♫ ええとこだっせ♫」とこの曲、、「東に見える生駒山♫ 今日も日が射す生駒山♫ 京橋東へGO GO GO♫」。

不思議な懐かしさを感じる曲なんですね。
ついつい一緒に歌ってしまいます。(笑
弊社はこの京橋東商店街の商店街通路飾り付けを賜っております。
正月飾り、お京たん(「商店街のとある料理店の娘、父親のような立派な料理人に憧れる」という設定らしいです)、さくら祭り、クリスマス等々。
弊社にも近く、美味しいお店も多いので社員お世話になっております。

 

「株式会社サンコスモ」様

ご依頼内容 ● 突き出し看板

施工地   ● 大阪府吹田市千里山東1-10-20

施工日   ● 2021-1-14

大阪、吹田市にある関西大学正門近くに、センチュリー21様の加盟店として業績を伸ばしておられる「株式会社サンコスモス」様より千里山店を開設されるということで突き出し看板の依頼が。
弊社は意匠をセンチュリー21様より支給され、制作と施工をさせていただきました。
センチュリー21様のロゴは黄色だったのですが、ブラックとゴールドのコンビネーションカラーに変更になっています。 これはVI(Visual Identity)なんです。コーポレートブランドの価値やコンセプトを可視化し、ブランドイメージを変更することをいいます。
VIを展開することで、さらなるブランド価値の向上をめざしています。

突き出し電飾看板 本体アルミサイン、アクリル乳半3t、カッティング指定2色
突き出し電飾看板 本体アルミサイン、アクリル乳半3t、カッティング指定2色
突き出し電飾看板 本体アルミサイン、アクリル乳半3t、カッティング指定2色
突き出し電飾看板 本体アルミサイン、アクリル乳半3t、カッティング指定2色

 

 

 

「ケアサービス はるかぜ」様

ご依頼内容 ● ガラスサイン

施工地   ● 大阪府堺市西区草部236

施工日   ● 2021-1-13

大阪、堺市で「春風のような心暖まるサービスをお届けしたい」
そんな思いから名付けられた「ケアサービスはるかぜ」様からベランダのガラスにサインをとの依頼が。

弊社デザイナーも満開になった時の優美な姿、そして散る際の潔さ、その風景に表面だけではなく芯の通った内面の美しさ、散りゆく姿のはかなさを感じさせる桜のイメージそのままに地紋として施設名も桜色を使用して心暖まる意匠にしました。

ガラスサイン インクジェット出力、UVラミ 
ガラスサイン インクジェット出力、UVラミ

「買取専門店一笑 株式会社SurPrice」様

ご依頼内容 ● 壁面看板、LEDスポットライト

施工地   ● 大阪府寝屋川市下神田町31-15

施工日   ● 2021-1-8

 

京阪萱島駅から徒歩2分の買取専門店「一笑」様より新装開店における店頭看板の依頼が。

一笑様の①広告費や経費を極限にまで 抑え他店ではご提示できない査定額を目指し ②遺お値段がつく物は何でもお買取りする。
この二点を看板意匠に込め製作・施工させていただきました。

また、夜間のためLEDスポットを2灯設置いたしました。

ベースカラーのオレンジは敷居の低さを感じさせる色なので、気軽に人が寄ってくるようカラー。
またコミュニケーションを弾ませたり、うまく交流をはかりたい時に活躍してくれる色です。

店頭看板 アルミ複合板、インクジェット出力、UVラミ

 

 

「きむらオステスパシーセンター」様

ご依頼内容 ● FF看板、電球交換

施工地   ● 大阪府豊中市南桜塚4-3-38

施工日   ● 2020-12-20

 

アメリカ生まれの伝統的な自然医学、「手」でおこなう体に優しい施術であるオステオパシーの施術で豊中で開院されている「きむらオステスパシーセンター」様よりFF看板の意匠交換と中の電球交換の依頼が。
FF看板とはフレキシブル・フェイスといって、内照式の屋内外の看板に最適なシートを使用した看板のこと。
電飾用塩ビシートとの大きな違いとして、シートを貼るためのアクリル板が必要ありません。そのため、大幅なコストカットが可能となります。
また、 柔軟で軽量ですので、取り付けも簡単です。屋外の大きな電飾の看板はこのようなFFシートを使うのが一般的です。発色が良く、継ぎ目のない美しい仕上がりが特長。柔軟かつ、軽量なので安全性が高い素材です。
意匠はカッティングシートを直接貼るかインクジェットによるダイレクトプリントになります。

ちなみにオステオパシーとは
1874年アメリカのアンドリュー・テイラー・スティル医師が創始した伝統ある自然医学で、人の持つ自然治癒力などの機能に着目した手技療法です。オステオパシーは、健康や病気に関する哲学(考え方)があり、その哲学に沿って施術を行います。症状の改善だけを目的とするのではなく、その人の自己治癒能力(健康の力)がしっかりと働くようにし、より正常で健康的な状態になるようにします。
一般的な現代医学の元になっている薬物対処療法(アロパシー)とは違って、人が本来持っている治る力(健康の力)の働きを活かした施術方法です。

FL電球交換
FF看板 FFシートインクジェット出力

 

「株式会社原口」様

ご依頼内容 ● 突出し看板、エントランス銘板、バックドア銘板

施工地   ● 大阪府東大阪市高井田本通2-8-2

施工日   ● 2020-12-17

 

東京に本社がある「株式会社原口」様より、大阪支社の看板の依頼が。1941年創業以来、株式会社原口様は着実に歴史と実績を重ねてこられたジュエリーケースとディスプレイツールのメーカー。
弊社は意匠支給で製作と施工を。
今回、エントランスとバックドアに施工した銘板看板なんですが、「銘」は(金属に)記すこといい、ステンレスにカッティングシートを貼ったもの。紙やプラスティックになると「銘板」にならず「名板」になります。

機能性にデザイン美を兼ね備え、繊細で女性や若い世代にも好まれる、都会的でスタイリッシュな雰囲気を演出するので「株式会社原口」様にはぴったりの素材ではないでしょうか。

 

エントランス銘板 SUS 黒カッティング

バックドア銘板 SUS 黒カッティング
突き出し看板 アルミ複合板、インクジェット出力、UVラミ

 

「株式会社 T-style」様

ご依頼内容 ● 社名看板(銘板)

施工地   ● 大阪市旭区中宮3-5-20

施工日   ● 2020-12-15

 

大阪、旭区で建設請負業をされている「株式会社 T-style」様より入り口上に社名看板の依頼が。
壁面に直接貼れないので、アルミ複合板にアルミ枠組みをとりつけ施工。
アルミ複合板にはステンレスの切り文字で社名を。

切り文字はレーザー加工で行います。
箱文字に比べ、書き文字のような複雑で小さな切文字も可能。
特にステンレスは耐久性に優れ、屋内はもちろん、屋外でも長期にわたってご利用できます。
また美しく品性の高い仕上がりになります。
取り付けは金属切文字の裏は平らになっているので直接取り付けたり、ピンで浮かせ取り付けることも可能です。

 

社名看板(銘板) アルミ枠組、アルミ複合板3t、インクジェット出力、UVラミ ステンレス切り文字
社名看板(銘板)  アルミ枠組、アルミ複合板3t、インクジェット出力、UVラミ ステンレス切り文字

「京町堀法律事務所」様

ご依頼内容 ● パネルサイン

施工地   ● 大阪市西区京町堀3丁目6−番18号 細井ビル 2階

施工日   ● 2020-12-11

 

大阪、西区京町堀で法律事務所を開設されている「京町堀法律事務所」様よりビル2Fベランダ前にパネルサインの施工を依頼を受けました。
ベースカラーのオレンジをベースに事務所名を意匠させていただきました。
オレンジは赤と黄色の中間色で、温かみのある陽気なイメージを与え、人の心を開かせ、コミュニケーションを活発にしてくれる効果があります。人との繋がりを重視したサービスを提供する法律事務所にはふさわしいカラーです。また身体と心の緊張を和らげ、敷居を低くし、人との繋がりをサポートしてくれるカラーでもあるので、「京町堀法律事務所」様の意図されているコンセプトを的確に表現されていると思います。

パネルサイン アルミ複合板、インクジェット出力、UVラミ