「かじ多」様

ご依頼内容 ● テント補修

施工地   ● 大阪市西成区岸里1-3-10

施工日   ● 2020-6-18

 

以前看板でお世話になった大阪、西成で店主の地元広島のお好み焼きを味わえる「かじ多」様より経年劣化によるテント補修の依頼が。
現調するとまだ骨組はしっかりしており、テント生地の貼り替えでいけるのではないかとの営業の報告で画像のようになりました。

いろんなお店でテントは見ることが出来ると思いますが、店舗用テントは日よけや雨よけなどの重要な役割を果たしています。
実は、このような役割以外にも集客アップにもつなげる事ができるのです。

お店の名前やキャッチコピーを入れることで、テントが宣伝広告の機能を持つようになるだけでなく、他の店舗との差別化と、お店のアピールにもなるのです。
また、文字が入ったテントは通行人の目にも留まりやすく、お店に興味を持ってもらいやすくなります。
また店名やフォントから、どんなお店なのか想像しやすくなるメリットもあります。
そしてテントの色と店内を統一したり、お店の雰囲気に合わせた色に変えることで、統一感も出て、ブランドイメージをより高めることも可能です。

ちなみに「かじ多」様の自慢は「かじ多スペシャル」はトロトロのチーズと厳選食材が絶妙にマッチした逸品だそうです。是非、お試しを。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です